弁護士への相談もネット上でできる?オンラインで法律相談する際のポイントとは

弁護士1

法律に関する専門知識を頼りたい時、弁護士に相談する方法が最も手っ取り早く確実な方法です。財産の相続から事件の被害に関する質問など、自分一人で悩んで行動するよりもはるかに効率的ですし、より正しい行動を選択できることは間違いありません。

そこで、まずはオンライン上で弁護士への相談を済ませてしまいましょう。

電話相談とネット相談

弁護士16

ネット相談について考える前に、電話相談についても一度考えておく必要があります。法律相談を電話にて、無料で行っている弁護士事務所は少なくありません。メールでのやり取りよりも口頭で質問した方が安心できる方もいるでしょうし、どちらが確実に優れているわけではありませんが、ネット法律相談は電話相談にはないメリットがあります。

例えば、弁護士の都合に合わせて電話をかける時間を調整する必要がなくなります。弁護士は多忙な職業なので、確実に電話に出られるとは限りません。場合によっては数日待たされることもあるでしょうし、その期間中ずっと待ち続けるのは不毛です。

一方メール相談なら、弁護士が都合の付くタイミングで返信してくれるので、相談する側も待ち時間を有効活用できるのです。また、話しながら相談することが苦手な方もいるでしょう。単純に相談内容が恥ずかしい内容だったり、他人に話すことが憚られる場合は質問もしづらくなります。

質問内容の要約が苦手な方は、弁護士に質問したとしても上手に質問内容を伝えられず、見当はずれな答えが返ってくるかもしれません。しかし、メールならじっくりと考えた文面で質問できますし、口では話しにくい相談内容もメールでなら気軽に書き込める方も多いでしょう。

特に相談内容が複雑な案件の場合、電話だけで伝え切るのは難しいことも事実です。メールでなら伝えたこと全てを記載した上で送信できます。

掲示板への書き込み

弁護士8

法律に関する質問に限定した掲示板も開設されています。必ずしも希望の弁護士が答えるとは限りませんが、匿名で質問できるのでプライバシーを保護できますし、どの弁護士が回答したかは表示されるためそのまま法律相談に持ち込みたい場合は回答してくれた弁護士へ連絡できます。

また、こうした質問掲示板は大抵無料で利用できるため、メールや電話での相談と同様に軽い相談事でも書き込み可能です。何でも書き込んでよいわけではありませんが、これは本当に弁護士に相談するほどの案件なのだろうか、と不安を抱いている方でも安心して質問に持ち込めるのです。

なるべく早く相談に持ち込む

法的な問題が関わる案件は、なるべく早めに相談することが大切です。

それは直接弁護士事務所を訪れての相談でも、オンライン上で質問する無料相談でも同じことです。法律知識に疎いと、手遅れなのかそうでないのかも判別が付かなくなってしまいます。

手遅れになってからでは自分に不利な状況で解決しなければならない可能性が高まるので、そうなる前に相談をして解決の糸口を探す必要があるのです。また、早く相談することに関してはオンライン相談は向いています。電話よりも詳細をメールで送信できますし、弁護士事務所を訪れることなく今すぐに相談を持ち込めるためです。

また、相談する場合はその問題に関わること全てを正確に伝える必要があります。これを伝えると自分に不利になりそうだから、と一部情報を隠して弁護士に相談をしても、どこかで綻びが生まれてしまうかもしれません。

最悪の場合、隠した情報が発端となって新しい問題が発生するかもしれません。そうなると問題は長期化しますし、依頼者にとっても負担が大きくなってしまいます。これはメール相談でも同じことなので、メールを送信する前に一度本文を確認して、伝え忘れていることはないかどうかをチェックしてから送信しましょう。

必ずしもオンライン上で完結するとは限らない

問題が想定以上に大きくなった場合など、メール相談だけで解決するのが難しい状況に陥るかもしれません。その場合はオンライン相談だけでなく、直接面談をして解決したり、面談でなくとも電話相談やビデオ通話を使った話し合いが行われる可能性があります。

実際に問題を解決できるなら問題ないかもしれませんが、一度の相談では解決しなかった案件のため長期化しやすいことも事実です。このように、何が起こるかわからないことも早めに相談したい理由の一つなのです。少しでも問題解決時期を早めたい場合は、自分でも証拠を集めるべく動くことが大切です。

案件によって集めるべき証拠は異なりますが、離婚なら浮気現場の撮影写真などを用意しておくと有利に進められます。また、弁護士側としても証拠がすでに用意されていることで動きやすくなり、オンライン相談から本格的な相談に移るまでのレスポンスを短縮できます。

双方にとってメリットが大きいので、オンライン相談から面談までイメージされている方は証拠集めも検討しておきましょう。

特定分野に強い弁護士を選ぶ

法律知識は複雑で、同じ弁護士でも得意な分野はそれぞれ異なります。より確実に問題解決に動いてもらうためには、自分が相談したい分野に適した弁護士を選ぶようにしましょう。弁護士情報をまとめているオンラインサイトでは、大抵どの弁護士がどんな強みを持っているのか掲載されています。

その掲載された情報をもとに相談したい弁護士を選び、メールで問い合わせてみましょう。男女関係やIT分野、交通事故など、相談されやすい分野は更に細かくカテゴライズされていることも多く、より自分の相談事に適した弁護士を見つけやすくなっています。

また、一応面談する可能性も考慮すると、オンライン上とはいえエリアが近い弁護士を選ぶと便利です。実際に足を運ぶ必要性が生じた時フットワークが軽くなるので、早期解決が近づきます。できれば同じ都道府県に事務所を構えている弁護士を探すことで、事態が深刻になっても対応できるようにしておきましょう。

他にも、女性の方は同性の弁護士の方が相談しやすいかもしれません。特に男女関係について相談する場合、男性が相手だと話しづらい内容もあるでしょう。メール対応する弁護士が男女どちらなのかも調べておくと、相談しやすくなります。

あとは実績や具体的な相談方法を調べながら、この人なら頼れるという弁護士を見つけて相談に持ち込みましょう。

参考資料>弁護士相談無料|アディーレ法律事務所